いつか不思議の国へ

娘たちとうさぎと猫達の小さな不思議の国
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< そこは笑うところじゃない…はず | main | 座ったまま熟睡 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
あの日から2年、もう…なのかまだ…なのかわからない。
あちこちネットをさまよってて見た文章は、この日と同じ気持ちで毎日を…みたいなことを書いていた。

去年も同じ事書いたけど、メディアは大きな被災があった有名な場所しか取り上げない。
それが悪いわけじゃないけど、忘れないでと思っている名も知られていない被災地はたくさんあるから、派手な被災地(言い方は悪いかもしれないけど)絵にならないとかじゃなくて  忘れないでほしい。

あの日、1号がバイトで屋上とその下の駐車場で200人の方が避難していた。
今でもよく買い物行くけど、上の駐車場にはとめられない。
去年相方と一緒の時に一度だけとめたけど、そこに上っていくスロープは、
港側の工業地帯に面していて、綺麗に復興している普段使う道路とは全く違う風景が広がっていた。
山のように積み上げられた流された車、あの日のままの工場、更地になってしまった場所。
道1本向こうの風景は時間が止まってしまったかのようで、衝撃が大きい。


普段からテレビはあまり見ないけど、今日は特につけてない。
夜のスマスマぐらいかな、きっと。
今年は3.11が近くなってきたころから、不意にあのころの気持ちを思い出したり涙がでたり。
家も家族も親戚も無事だったのに、なんだろうね。

今日は去年も来てくれた可愛い彼女たちがまた来てくれるので、
いや、誰が来るのかはわからないけど。
3号と見てくるつもりです。



今、こうして生きていることに感謝を。
ある方の言葉をそのまま流用させていただきます。

祈…。心を向けて。



JUGEMテーマ:日記・一般


 
| 亜梨子 | 東日本大震災 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:54 | - | - |
















TweetsWind


楽天市場
つぶやく