いつか不思議の国へ

娘たちとうさぎと猫達の小さな不思議の国
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< すももの居ない夜 | main | 今年最後の通院 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
足カバー付き保護服
1時間半の大手術だったらしいです、すもも。
骨も少し削られました。
思ったよりも元気そうで一安心。

ただ、病院と消毒薬の匂いがするせいかもみが怒ってしまって大変。
知らない子と認識してしまったのかな。

プラのカラーを付けてもらったけど、帰宅してからでんに縫ったカラーをと思ったら…
大きすぎ〜
病院のSSサイズのカラーを型紙にして二枚縫いました。
イチゴ柄のはダイソーで買ったフェルトと手持ちの布でキルト芯二枚はさんだからしっかりしてます。
とりあえずで待ち針だけでザクザクミシンをかけただけなので歪んでるけどいいのだ。



病院で傷口を保護するように足にカバーして腰で結ぶようにしてくれたんだけど、
帰りの車の中ですぐとられました。
ネットで検索して調べると手作りでしっかりした保護服を作ってる方もいて、
でもなかなかそこまではね、急にできないし。
だから、古Tシャツの袖を切って手と足を出す穴を切って、
短い足が出る穴にザクッと縫った袋をつけました。
首側と腰側に縦に切り込みを入れて結ぶだけ。
手縫いだから縫い目が荒いのは目をつぶって



後ろ姿がこんな感じ。
かなりイヤそうでうまく歩けないけどフィット感はかなりいい。
明日先生に褒められてもいい位の出来だと思う(笑)
これを作るまでの間にすでに縫ったところが一針だけ取れてしまったのです。
我慢してもらわなければ。
縫ったところが外れるのは、先生に言われていたので「外れるかも」と。
明日行ったときに縫い直しです。

ネットで見たみたいに下半身だけのがっちりしたのが作れたらいいけど。



まだ食欲もなく目も虚ろ。
短い足を一生懸命上げて何とか脱ごうとしてます。



しばらく通わなければいけません。
保険をかけてるとはいえお財布的にも痛いな〜

実は家人が出張で高速道路走行中に助手席側のガラスが砕け散ったと。
無事でよかったけど、修理にいくらかかるんだろう?
だから私の車と一緒にご祈祷してもらおうって言ったのに




JUGEMテーマ:にゃんこ





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
| 亜梨子 | うちの小さい子達 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:18 | - | - |
















TweetsWind


楽天市場
つぶやく