いつか不思議の国へ

娘たちとうさぎと猫達の小さな不思議の国
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うみかあさん | main | うみちゃん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
あれから4年
 昨日の夜から真冬が戻ってきたような寒さ、雪も少し積もり寒い一日。
4年前のあの日も雪が降ってて寒い日、いろいろ思い出しています。

3年を過ぎてからかなり気持ちは楽になったかな、毎日毎日震災のことを考えない日はなかったけどこの一年は考えない日も増えて日常が戻ってきた感じ。

国道を運転していると「ここから先は津波で浸水(意訳)」ってあって反対方向から運転していると「ここから先は津波で浸水してない(意訳)」とあるのが地味にもやっとする。
いや、わかるんだけどね。

この間旦那を仕事先に送って帰り海に近い道をずっと帰ってきて、津波が来た道をずっと…
瓦礫も何もない元は住宅がたくさんあった場所、しばらく車で走ると白い壁の住宅が見えてきた。
窓も扉も無くなって外側だけが解体されずに残ってた。
周りはすっかり何もないのにそこだけなぜ残っているのかわからないけど、取り残された震災の生々しい跡が少し怖かった。

震災後一つだけ旦那を見直したこと、旦那の考え方は自分はこれだけのことができるからお前もできるはず、なぜそれができない?
すべてそんな感じで人それぞれってのが理解できない人。
おやじの会をずっとやってた彼は震災後もボランティアとかいろいろできる限りのことをしていた。
余震が続いて電気もガスも水道もなくてみんな疲弊しているとき、
できる人ができることをしたらいい、できない人はそれでいい。
あの時にいろいろ強制されてたらきっともっと精神的に追い詰められていた。

同じ家族でも同じ震災を体験しても心に残ったこと想いとか考えとか、一人ひとり違うんだと思う。


またこれから一年、今こうして普通の生活ができていることに感謝しつつ生きていこう。

| 亜梨子 | 東日本大震災 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:05 | - | - |
















TweetsWind


楽天市場
つぶやく