いつか不思議の国へ

娘たちとうさぎと猫達の小さな不思議の国
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あれから4年 | main | 5年目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
うみちゃん
1月27日0時43分、うみちゃんが虹の橋を渡っていきました。
1週間ほど前から風邪気味なのか食欲が落ちて、もともと体力がないからあっという間にがりがり。

体重は増えなかったけど、食欲はすごくあって時間になると
「あー、あ゛ーーーーー!!」
っておなかすいたアピールをしてたのに。

a/d缶かチュールに牛乳少し卵黄半分を混ぜて少しだけレンジに、水はポカリを薄めて。
うみは野良だったせいか牛乳でも下痢しないのです。猫用ミルクがいいかも。
病気とか弱って食欲がないときに少しだけでも栄養満点の病院の先生おすすめレシピ。卵黄は弱ったときに必ずすすめられます。あとはノンカフェインのチョコラBB(フードにふりかける)も良いそうです。

40度(猫の平熱は38℃前後)あった熱が6度前後に下がり痙攣(心臓化腎臓の発作)
インターキャット入りの目薬に湯たんぽやヒーター、カイロで温めて点滴。
病院では酸素室で入院しては?と言われたけど助からないのはもう目に見えていて…
だから家で最後まで見てあげることにしました。


結膜炎で目が真っ赤、歯肉炎からも少し出血。状態は良くないながらも少しは安定。
食べられそうな高カロリーのものでプリンをあげてみたけど気に入ったようでよかった。


1月26日のうみちゃん、頑張りすぎるくらい頑張ってる。
a/d缶と卵黄をお湯でのばしたの少しと点滴、インターキャット入り目薬。
何度も発作、もうそんなに頑張らなくていいんだよ。朝はモゾモゾと体を動かせたけど昼には動けなくなった、膀胱を軽く絞ると尿が大量に、少しは楽になったかな。

娘たちも部屋に戻った深夜いつものように旦那の布団で一緒に横になるうみちゃん。
苦しそう、様子がおかしい。
まだ起きていた2号を呼んで発作でもがくようにしているうみちゃんを見守る。
「大丈夫だよ」「もういいよ」「えらいね、うみちゃん」
声をかけるだけしかできない。
一際苦しそうにしたあと2号の腕の中で動かなくなった。

えらかったね、がんばったね。
おとうさんに見つけてもらってよかったね。
うちに来て良かったって思ってた?
かわいいうみちゃん大好きだよ、ありがとう。

27日は家において翌日火葬してもらいお骨は引き取りました。
すぐに頼んだ骨壺が引き取りまでに届いて素早いお店の対応に感謝。
成猫サイズのを頼んだんだけど、小柄で栄養が足りなかったと思われる海ちゃんのお骨は半分にしかならなくて、もう一つ小さいサイズでよかったのかと…それが余計にさみしくて。

カラーボックスを一段開けてうみちゃん用にしました。





5月6日が100か日、早く毛皮を着替えて戻っておいで。
必ず見つけてあげるから。



JUGEMテーマ:にゃんこ
| 亜梨子 | うちの小さい子達 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:55 | - | - |
















TweetsWind


楽天市場
つぶやく